こどもの歯並び矯正専門サイト 医療法人 新誠会 大塚矯正歯科

大塚矯正歯科について

治療方法

子供の歯を抜かない治療

抜歯の選択は第二期治療での判断となりますので、子供の矯正で歯を抜くことはありません。(過剰歯を除く)

子供の矯正治療は顎の成長を促進して歯がキレイに並ぶスペースを作ります。

当院で使用している装置は従来の金属のワイヤー、ヘッドギアなどの装置は使いません。全て取り外しが可能な装置を使いお子様の負担を最大限に抑えて治療いたします。

治療を始めるタイミング

子供により永久歯が生えるタイミングが違うので、年齢で限定することは難しいですが、永久歯が生え揃ったあとになると顎を成長させることが難しくなるので、永久歯が生え揃うまでに始めるのが理想です。

生え揃った後でも治療は始められますが、二期治療が必要になる可能性が高くなり、抜歯のリスクも高まります。

永久歯が生え揃う前は顎の骨の成長が見込めますが、永久歯が生え揃い顎の骨の成長が見込めない場合、歯を並べるスペースを確保するために上下4本の歯を抜く必要がでてきます。

また受け口の症状は永久歯が生え始める前に治療を開始するのが効果的です。

タイミング1 タイミング2 タイミング3 タイミング4

大塚矯正歯科の治療方法について

舌の位置

当院では上記のような取り外しタイプの装置をケースによって使い分けて治療をしていきます。

口を閉じているときに舌がどの位置にあるかが歯並びに影響します。

舌の正しい位置は左図のように上顎を押し上げている状態ですが、舌が下顎を押している状態だと受け口、前歯を押している状態だと出っ歯へ影響があります。

また顎を正しく成長させるための装置を使用して永久歯が並ぶスペースを確保いたします。

抜く、削る、広げる

歯並びが悪くなる原因の多くは、顎が正しく成長しないことにより永久歯が並ぶだけのスペースが足りないことにあります。

歯並びを治すには大きく分けると歯を抜いてスペースを作る、

もしくは顎を正しく成長させて歯を並べる、いずれかの手段しかありません。小児矯正の最大のメリットは治療方法を選択できることにありますが大人の矯正の場合、歯を削るか抜くかしか選択することができません。

小児矯正の注意点

当院ではワイヤーの針金による目立つ装置は使用しておりません。

ワイヤーの装置は矯正しているのが分かりやすく、子供同士の会話でメンタルに大きな影響を与えることも少なくありません。

しかし、取り外しできない装置の大きなメリットは自分で外せないのでしっかりと計画通りに治療が進められることにあります。

取り外しできる装置は食事制限がなく、歯磨きのケアがしやすい、矯正しているのが他人に気づかれない大きいメリットがありますが、装置を自分で外せることで正しい装着時間を守れずに治療が計画通りに進まないことがあります。

治療費

治療費について

当院は通院の度に毎回の処置料をいただいておりませんので、子供の矯正費用は以下の金額以外には一切追加でいただくことはございません。

精密検査・診断

4万円(税別)

精密検査・診断

24万円(税別)

治療費合計

28万円(税別)

分割払いも可能です。

分割の場合月々¥5,000から可能です。

通常なら通院が多く必要な場合、処置料が大きく負担となりますが、当院は通院が多く必要な場合でも上記金額より子供の治療費が必要となることはございません。

※大人の矯正に移行する場合は別途費用が必要です。

詳しくはこちらをご覧ください。